BLOG

新作ドリンクのご紹介と次回酪農体験開催日のご案内

こんにちは!ミルク工房店長の高橋です。

全然ブログをアップしておりませんでした。。。

いつの間にやらとっても寒くなりましたね。私、ジェラートの食べ過ぎでお店始めてからかなり

恰幅が良くなってしまい、3ヶ月くらい前から毎朝走っていたのですが、、、先月交通事故をもらってしまった(無傷です!トラックに突っ込まれたのになぜ無傷???牛乳パワーー?)ことを言い訳に走るのをやめてました。いい加減事故から日にちも経ったし(しかも無傷だし)走ろうか、、と起きたものの、、寒すぎますね!!!ほんと!!!  朝のランニングを再開してたった3日ですが、すでにめげそうです。

、、、、が!!!!!私としては冬でも牧場に来ていただきたい訳で!!!

店内あったかーーーくしてお待ちしております。

冬は晴れの日も多く、空気が澄んで空が美しい!

牛も活気があります。(牛さんは、寒さには強いのです!)

日が短くなって来ましたが、実は閉店ギリギリの4時半くらい、店の中から見える夕日の美しいこと!

毎日写真撮ってますが、全然うまく写らないので、ぜひぜひぜひ見に来てください!!!

完全にデートスポットです❤️

でもこんな寒い日にジェラートなんか食べたくないよ、、、なんてそこのあなた!

ミルク工房ではピザやサンドイッチなどの軽食をお出ししていますが、

クリームシチューやチーズフォンデュなどのあったかメニューもありますよ〜♪

ホットミルクやホットカフェオレも、カップたっぷり愛情たっぷりにお出ししていますよ〜♪

昨日から、新作のホットドリンクも出しています。

「甘酒みるく」甘酒を高秀牧場の牛乳とともに。。。甘酒は地元酒蔵の酒粕から作る自家製です。

健康的な上に美味しくてホッとします。スタッフもよく飲んでます。

「ミルクたっぷりココア」濃厚チョコレートペーストをミルクでで溶かしましたよ。甘すぎず、大人のココアです。甘党の人、お砂糖入れても美味しいよ〜。チョコペーストだって、自家製です。カカオパウダーはバンホーテン。

ミルクもカフェオレも量たっぷりが売りだったけど、カップでかすぎだろ、、、。と心の中で突っ込むお客様がそこそこいたことを最近知りました。ごめんなさい。私、牛乳ガブガブ飲む人生だったから、、、

小さいサイズご用意しました。

あたたかい店内で、あったかドリンクと、あったかフードメニューと、スタッフの温かい心で満たされたら、クールダウンでジェラートも食べたくなるかも?大人でもキッズサイズのご注文大歓迎ですよ!

冬季でも酪農体験、受付ております。

12月3日(日)10時からの開催がすでに決定しております。

参加ご希望の方はお気軽にご連絡くださいませ〜。

冬の牧場は寒いけれど、日光の暖かさを求めてお店のデッキに猫ちゃんがやってきたり(牧場に住み着く野良猫ちゃんです。)その猫ちゃんを求めてもんちゃんがやってきたり(高秀牧場の看板犬。保護犬なのでビビり、人によってこないけど、動物大好き)、牛さんがやってきたり、、、

IMG_4691

最近よく見かける猫ちゃん。片目が見えないらしいけど、機嫌がいいとたまーに触らせてくれる。

いつの間にかもんちゃんと仲良し。いつも、子牛と一緒に寝てる。

 

IMG_4687

牛さんとも仲良しです。

IMG_4689

もんちゃんも!

 

牛のコンテスト 次回告知

前回のブログで、10月26日に行われた千葉県の共進会(牛のコンテスト)についてお話ししました。

実は、今週末にも千葉県ブラックアンドホワイトショウという別のコンテストが行われます。

千葉県のコンテストですが、関東各県もご招待して行うコンテストになります。

高秀牧場からは、また5頭の牛を出品します。

前回のシニアチャンピオン  ヘリオトロープ

前回の各部のチャンピオン  マッカチェン ベガ

スターミティオ

その他2頭  リンダマン

チップ フリーランス

の5頭です。もし高秀牧場から千葉市へ向かう道の途中で牛を乗せたトラックを見かけたら、

頑張って!と念を送ってあげてくださいね!

 

さて、こちらのコンテストですが、一般の方も見学することができます。

かなーーーりマニアックで独特な雰囲気なので、楽しい!という感じではないかもしれません。。。

美しい牛がたくさんいるので、牛好きな方は良いかも。

見たい!という方がいらっしゃった時のため、、、下記、情報です。

千葉県ブラックアンドホワイトショウ

日時:11月25日(土)9:00〜

場所:千葉県家畜市場   千葉県千葉市若葉区若松町432−35

なお、一般の方の見学は可能ですが、牛に触れたり、餌をあげたりなどの行為は

できないものと考えてください。ショウが終わった後、酪農家さんによっては

触らせてくれたりする可能性もありますが、必ず飼い主の酪農家さんに許可をとってください。

もし触ることができそうな場合、牛に触る前、触った後には必ず手洗いをしてください。

1ヶ月以内に中国、韓国、台湾への渡航歴がある方に関しては、ご来場をご遠慮くださいませ。

コンテストに際し、主催者側や各酪農家におきましても防疫に関して細心の注意を払っておりますため、

一般の方々の見学の際にはご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。ですが、全て日本の酪農、畜産、牛を守るための対策です。ご理解をよろしくおねがいいたします。

 

牛のコンテスト 千葉県共進会

実は牛の業界には美人コンテスト(のようなもの)があります。

牛にもモデル体型がありまして、、、体格や骨格、乳房の美しさを競うコンテストになります。

ここで高評価の牛の体格は、乳牛としての生産性(毎年出産をして、たくさん牛乳を出してくれる)が

高く、それでいて、餌をたくさん食べて健康的な牛を意味しています。長命多産(一度に牛乳をたくさん出すのではなく、毎年1頭赤ちゃんを産みながら健康的に長生きしてくれる乳牛)は、結果的に生涯乳量(1頭の牛が一生に出してくれる牛乳の量)が増え、酪農家の利益的にも良いので、意識高い系の酪農家はいい血統を積極的に取り入れてこのコンテストに参加しています。また、毎日同じ作業の繰り返し、内にこもろうと思えばいくらでもこもれてしまう酪農のお仕事、外に出て他の酪農家さんと情報交換をしたりする機会にもなります。ノルマや競争がない仕事なので、コンテスト、という目標を持って日々の仕事に刺激を与える意味もあります。

賞金が出るわけでもなく、利益にはまったくならないので参加しない酪農家さんもたくさんいますが、高秀牧場は、社長(ミルク工房店長の父)がこのコンテストを一つの趣味としています。牛オタク度高め。

基本的な牛のモデル体型は、ほぼ血統で決まります。今日本の牧場ではほとんど人工授精による受胎ですが、良い血統のオス牛の精液を選んで仕入れたりします。

リンク先、オス牛のカタログ「優良種雄案内」です。

コンテスト近くになると、綺麗に毛を刈ったり、毎日体を洗ったりとちょこっとVIP待遇。

※コンテストに勝つことが全てではないので、そのために牛を痛めつけることは絶対にしません。常に愛情を欠かさず接するのは、コンテスト出品牛も、その他の牛も変わりませんよ!

コンテスト前日から、酪農家は牛とともに会場入りし、コンテストの時間帯に最高の体つき(特におっぱい)になるよう、調整します。綺麗に洗った身体にうんちがつかないよう、寝ずのうんこ番が付きます。バケツ持ってずっと牛に張り付いてます。

当日は、酪農家も普段の作業着やつなぎから真っ白のシャツ、ズボンの正装をして、牛を引いて歩きます。このために、コンテストの何日も前から牛を一番美しく見せる引き方を、牛と一緒に練習します。

コンクールは、未経産の部と経産の部にわかれていて、それぞれの部で月齢ごとにわけて競います。若い順に、1部、2部、、、とカテゴリ分けされています。最後に、各部のチャンピオン牛を集めた決勝戦戦を行い、未経産のトップはジュニアチャンピオン、経産のチャンピオンはシニアチャンピオンとなります。また、経産の部に関しては、トップ牛を決める他にベストアダー(ベストおっぱい)賞があります。

海外から審査員を呼ぶこともあります。

10月26日に、千葉県のコンテストがありました。

高秀牧場からは、1部(未経産)、5部、6部、7部(経産)に4頭を出品。

うち、5部のスターミティオ(牛の名前ですよ!)がチャンピオン、ベストアダー

IMG_4675

リードマンは高秀牧場で一番若くて童顔、小生意気だけどひょうきんな、小林が担当。

 

6部のマッカチェン ベガがチャンピオン、ベストアダー

IMG_4676

ちょいと暴れん坊のこの子は、リードマンが2人!

牛乳大好き、坊主とメガネがトレードマークのこうたろう君と、新規就農を目指す家族思いのパパ村田さんがリードマンを務めました。

そして、7部のヘリオトロープもチャンピオン、ベストアダー

IMG_4693

リードマンは社長自ら。

5〜8部の経産牛の決勝戦に高秀牧場の牛3頭が!!(ちなみに8部チャンピオンは親戚である八千代市の高秀牧場が。チャンピオン戦、高秀祭り)

そして、栄えあるグランドチャンピオンに選ばれたのが7部のヘリオトロープちゃんでした!!!

おめでとう!!

 

チャンピオンにはなれなかったけど、1部のビーエム ルーキーも頑張りました。

IMG_4695

リードマンのはるなちゃんは、高秀牧場スタッフの紅一点!牛が可愛くて可愛くて仕方ないそうです。

社長夫人(ミルク工房店長母)も嬉しそう。

IMG_4694

今回は、千葉県の共進会でしたが、関東、全国もあります。

かなりマニアックな世界ですが、酪農家は楽しんで、切磋琢磨しております。

 

 

 

牧場について
TEL:0470-86-2131
チーズ工房
TEL:0470-62-6669
ミルク工房
TEL:0470-62-6669
PAGE TOP