BLOG

繋がる命

2021/01/18

皆様は覚えていてくださっているでしょうか…

ヘリオトロープちゃんのことを….

余命宣告を受けたヘリオトロープちゃんのお腹に赤ちゃんがいたので帝王切開で助けた話。↓

ミルクの現場は命の現場|千葉県いすみ市【高秀牧場】 (takahide-dairyfarm.com)

あの時リビングで助けた子牛、今ではこんなんなっちゃって!

2021年1月2日、女の子を出産してママになりました。

元気いっぱいの赤ちゃんです。

必死で助けた赤ちゃん牛が大きくなりまた赤ちゃんを産む、、、

命の連鎖を間近で見られるのは酪農家の醍醐味です。

もちろん、全部が全部助けられるわけでもないし、諦めないといけないこともあるし、悲しいことも悔しいこともいっぱいあるけど、、、。

健康に牛を飼って、その牛が毎年赤ちゃんを産んで、赤ちゃんが成長してまた赤ちゃんを産んで、、、って日々を送っていると、牛舎内で祖母、娘、孫、ひ孫って並んで搾乳することもあるんですよ!

元気で毎年赤ちゃんを産むことが、乳牛が長く生きられる唯一の条件。そのために酪農家は「健康第一」で牛のお世話をする。
牛舎内で親子代々の牛を見られるのはとっても幸せです。

年明け早々に緊急事態宣言なもんで新年のご挨拶をしそびれておりました。。。
明けましておめでとうございます(遅い…)

丑年ーーーー!!!
きたぜ我等の時代があああああ!!!

と、興奮はさておき。

このブログで度々「店長」と名乗っておりました私、馬上温香、この度社長に就任いたしました。

高秀牧場のっとり、ではございませんよ。

ミルク工房を始めた当初から、考えていたことなのです。
いずれ、高秀牧場は父から弟の大地へ経営委譲されます。

その時、もしもミルク工房の業績が悪くて高秀牧場に迷惑をかけてしまったら。。。
親子間ならまだしも、姉として弟に迷惑をかけるわけにはいきません。
私は私の責任で加工販売部門を経営し、牧場サイドには思う存分牛に全力を注いでもらいたいため、
元々ミルク工房は個人事業主として私が経営しておりましたが、この度無事法人成りとなりました。

1月4日付けで「株式会社牛かうVaca」を設立しました!

会社名は、「うしかうばっか」と読みます。

牛、cow、vaca(スペイン語で牛)….牛牛牛!!笑   牛への惜しみない愛情を会社名に表しました。

酪農家が「牛飼うばっか」りでいられるようにと願いをこめ、愛すべき「牛飼う馬鹿」の酪農家に心からの敬意を表しこの名前をつかました。(馬鹿とかいっちゃってるけど、酪農家尊敬してますまじで。でも彼らは本物の牛オタク牛馬鹿です!)

今後もミルク工房は「高秀牧場ミルク工房」として営業を続けていきますし、「高秀牧場」の名前はチーズにもジェラートにも存分に使わせていただきます。高秀牧場ありきの、牛かうVacaですもの。

ただ、お客様にチーズを送る際の納品書のお名前などは牛かうVacaに変わります。

お客様的には変わったのは会社名だけですので、、、

違ってくるのは私の社会的責任と気合ですかね!

高秀牧場は、父が社長の「有限会社」ですので、私、社長令嬢ですのよ。

ちなみに2年ほど前結婚した夫も会社を経営しておりますので、私、社長夫人ですのよ。

私自身も、社長になってしまいましたわ。

社長令嬢で社長夫人で社長ですのよ。(言いたいだけ 笑)

名ばかりの社長にならぬよう、地に足つけて、牛を大切に、お客様1人1人を大切に、がんばっていきますのでよろしくお願いいたします。

 

みなさまこんにちは。
2度目の緊急事態宣言が千葉県にも発令されました。
ここいすみ市も、のどかな田舎ではありますが、ちらほらとコロナ感染者が出てきています。
多い感染者とは言えないけれど、気を抜いていい数字ではないと思います。県外や千葉県内の都市部からのお客様にもたくさん来ていただいておりますので、店舗としては感染拡大防止へより一層気が日が引き締まります。

緊急事態宣言の営業時間短縮やその他の措置に、ミルク工房は直接関連する店舗ではありません。

ですが、高秀牧場ミルク工房の経営形態を考えますと感染拡大の要因となる要素は十分考えられるため以下の措置を取らせていただくこととします。

 

・酪農体験の開催は取りやめ

・軽食、ドリンクメニュー、ケーキはテイクアウトのみ

・ジェラートは蓋つきカップのみ

店内テーブルは数を減らしました。

チーズの販売は通常通り行なっています。

超〜〜〜悩みました。昼しか営業しない私たちは何も変えることなく営業出来るんですよ本当は、、、。変わらず営業を続けることも、お喋りを控えてもらうことも色々考えました。

普段は家族連れやお友達同士のお客様が多く、楽しんでお食事をするお客様を見るのが好きなんです。

会話なく食事するお客様を見るよりも、ご自宅で笑顔で会話を楽しみながら食卓を囲んでいる姿を想像する方が、私たちも嬉しいのです。

 

たくさんのご不満を与えてしまうかもしれません。ごめんなさい。

コロナウィルスに関しては様々な意見があるけれども

私は、お客様にも、お店のスタッフにも感染して欲しくありません。

いすみ市にコロナ感染者を増やしたくありません。

感染源になるのも嫌です。

だから、飲食店として出来ることをやります。

 

一刻も早く、お客様の笑顔を店舗で見られることを祈っています。

 

牧場について
TEL:0470-86-2131
チーズ工房
TEL:0470-62-6669
ミルク工房
TEL:0470-62-6669
PAGE TOP