BLOG

こんにちは。3つのテレビ放映からやや時間が経ち、店舗の忙しさはやや落ち着いてきたこのごろです。

(チーズは、、、相変わらずありません。。。4月後半~5月にご注文いただいた数百件のお客様が優先となります。)

しれっと、高秀牧場ミルク工房は6月12日で5周年を迎えました。

早いなあ。。。あの時私、20代後半ではつらつとしてました。今も元気いっぱいですけどね!!!(圧)

雨の日は仕込みに事務作業にと、お客様がいらっしゃらない時間も超絶有効活用してます。

屋根からぽたぽたと落ちる雨しずくにむかって一生懸命舌を伸ばすおバカな牛ちゃんたちに癒されたり、どしゃぶりだというのに、ぬぼーーっと雨の中つっ立ってる牛を眺めたりと癒される時間もありつつ、、。

 

さて、怒涛の5月を駆け抜けて、色々、色々考えた結果、、、

店舗で人を増やすぞ!!!という結論に至りました。

これまで店長として私がやってきた諸々の作業+社長になった今やらなきゃいけない諸々の作業+急なお休みやシフトの穴を埋めるときの通常業務、、、(更に大量発送の管理業務も加わり、すっちゃかめっちゃか)

どう考えても1日が24時だと足りないのです。

ハリーポッターに出てくるタイムターナー的なやつが欲しい、、、

とどんなに願ってもないもんはないし、身体が資本ですからね。

正社員1名とパート・アルバイトスタッフ2名程度の雇用を希望しています。

正社員さんには

発送管理
消耗品などの在庫管理・発注業務
軽事務作業

を中心とした営業の管理を、各部門の製造責任者と分担してやっていただきたいのです。

 

パート・アルバイトスタッフさんは

接客・販売業務
軽食、ドリンクの提供業務
発送の梱包作業
乳製品の製造補助(洗い物や計量など)
お掃除

が主なお仕事になります。

給与など条件はお問い合わせください。

 

一番のネックは、立地的に車通勤が必須なことです、、、。高校生や学生バイトスタッフが見込めず1番お客様が多い週末のスタッフ確保がひじょーーーーーに厳しいときがあります。
過去にはど根性で自転車通勤してたスタッフや、ご家族の送り迎えで出勤していた方もおりました。

自然があふれるのどかな牧場で、お客様とも会話を楽しみながらお仕事をしていただきたいです。

この5年間、人にはかなり恵まれ、今いるスタッフはお仕事的にも人柄も素晴らしく優秀なスタッフばかり。
正社員もパートスタッフもコミュニケーションはよく取れ、仲良しです。スタッフ同士の仲の良さって、お店の雰囲気にかなり影響します。助け合いもものすごいんだうちのスタッフ。ほんと、ミルク工房の誇り。

過去に働いていたスタッフも、今でも遊びにきてくれたり、ピンチの時には駆けつけてくれたりして、ああ、、、スタッフって家族みたいだ。って思ってます。お給料払ってるけど、それ以上に、感謝というか、、、ものすごく大事な存在です。スタッフさんが、たのしくやりがいをもって働き続けてくれる職場にしていきたいと常々思っています。

新しい仲間を迎えるのはいつもドキドキ。高秀牧場ミルク工房の明るく元気な店舗の雰囲気を一緒に作り上げてくれる方。

絶賛大募集中です!!!

お問い合わせは

support@ushivaca.com マガミまで

質問だけでも大歓迎です。

あっぶなーーーい。

危うく、辛くて凹みすぎて通販止めるところでした。ネットショップの運用を一時停止します、というブログを死んだ目で書いているときに我に返りました。

本当に、本当に、お待ちいただいておりますお客様へは大変な感謝を申し上げます。

こんな状況でご注文を取り続けていてもいいものなのか。

たくさんご注文を受ける中で、うちのオンラインショップのシステムの問題点や、こちらのご対応の問題点などたくさんご指摘もいただきながら自分たちでたくさん気が付きました。1つ1つ改善していきたいと思います。

本当はね、、、

テレビでやるとご来店のお客様だけで売り切れてしまうくらいの製造量しかないんです。

通販、やってていいのかな、、、なんて悩みました。(今も悩んでます)

正直、通販のおかげで昨今のこのご時世は大変救われました。

ですが、何よりも、何よりも!!!

「ロスを出したくない」んです。

お金とかどうでもよくて、、、

毎日牛乳をたくさん出してくれてる牛達を見ているから、1個のチーズも無駄にしたくない。

牛乳からチーズを作るとき、使用する牛乳の量に対して出来上がったチーズの量は約10分の1。

100gのチーズを作るときは1㎏の牛乳が必要ってことです。

1kgの牛乳を牛が体の中で作るとき、400ℓの血液が必要と言われています。

本来、子を育てるために出してくれているミルクをわけてもらっているんだから、1滴も無駄にしたくないんですね。。

 

通常時、特に冬場はかなりのチーズが店頭であまっていることもあります。

通販と併用することで、これまでほとんど無駄にすることもありませんでした。

そして、テレビでやったりすると瞬間的に数百件のご注文をいただきます。だいたい1分で50件くらい入ってきます。

当然、キャパオーバーなわけですが、在庫制限をしない理由、、、。

たとえお待たせすることになったとしても、ご希望くださる全ての方へチーズをお届けしたい

と思っています。

 

お待たせしてしまって申し訳ない、、という気持ちは消えることはありません。発送準備の際は、この方、2か月もお待たせしてしまったよ、、申し訳ないね、、ありがたいね。といつもスタッフと話しています。

申し訳ない気持ちいっぱいで発送を行い、「美味しかったよ」とわざわざご連絡いただいたりなんかしたらもう涙がとまりません。

この美味しかったよ、でとても救われますし、いただいたメッセージはチーズ職人にも共有してます。

牧場スタッフにも共有してます。自分たちがお世話した牛達の牛乳が美味しいと言ってもらえる、というのは、もっと牛を大切にしよう、もっといい牛乳にしようというモチベーションになります。

 

チーズの美味しさはもちろんですが、牛達への想いもお客様へお届けする、という基本中の基本を私が忘れてしまってはダメダメですね。

お待ちいただく、という大変失礼な行為をしている以上、お待ちいただくことが前提だとご注文時にもっとわかりやすいようにするおとや、早めのご連絡ができる体制など色々と整ってないことが多く、ご不快な思いをさせてしまった方もたくさんいらっしゃいます。

心よりお詫び申し上げます。

たくさん、凹むこともあるけれど、凹んだ分、改善点をきっちり改善していきます。

ご意見は全て読ませていただき、これからの店舗運営に生かしていきます。

乳製品の美味しさを通して、牛や酪農の魅力を伝えたい!社長の私がブレないように。

いつか、待たなくてもいいときが来ます。

ご注文をいただいております皆様、大っっ変お待たせしております。

チーズ職人もお休みを削ってまで製造にいそしんでくれています。っていっても、すぐに作れるのはフレッシュチーズだけなので熟成系は増産できないのですが、、、。

なんとか店頭にフレッシュチーズだけでも出そうとがんばってくれてます。

ようやくいただいているご注文の半分くらいの発送日程を確定いたしました。(注文番号3020番くらいまで)
近日中に発送日確定のご連絡をさせていただきます。

発送リストは300件を超えてきましたが、まだやっと、4月25日午前中までのご注文分まで発送日を確定したところです。

「アド街」放映が24日の夜21時30分ごろでしたから、ほんとに短時間集中でご注文いただいたのですね、、、。

いくつか厳しいご意見もいただきましたが、色々検討して今のやり方になりましたので、少しご説明いたします。

高秀牧場のチーズは、予約優先、としております。オンラインショップからのご注文も、先々の「ご予約」という形で無制限に受けております。一気に注文が入ると待ち時間が発生するのはそのためです。

 

①なぜ個数制限を設けないの?
これ、、かなり悩んで個数制限を設定しておりません。お客様が色々なチーズを楽しめるようにと多種製造しておりますが、それゆえに製造個数にはそれぞれ限りがあります。最大でも週間100個程度、少ない種類だと20個程度のチーズしか作れないので、店頭ご予約を抜くとネットショップで個数制限してしまうと、ほとんどご注文を受けることができなくなってしまいます。待ち時間が発生したとしても、多くの人の手元にチーズをお届けしたいという思いだからです。せっかく買っていただくなら、数量制限に関わらず、お客様が食べたいチーズをご自身で選んでいただきたいと思っています。

 

②時間、かかりすぎじゃない?
こればっかりは何も言うことができないのですが、、、
寸胴鍋で手作業で製造をおこなうため、大量生産はできません。チーズというものは、製造時に水分を抜く工程があるため、チーズになった時の分量は元の牛乳の10分の1、、、。しかも製造工程では菌に頼り発酵を待つため、1種類仕込むのに丸1日かかります。一晩かけて発酵するものもあったり、更に熟成工程は1か月以上に及びます。大きなチーズ工房では大きな製造機器を使い一気に仕込み、広い熟成庫でいくつものチーズを同時に管理しますが、、、製造室も熟成庫もちっちゃいのでたくさん作れないんですごめんなさい。単一商品のご注文ですと早く発送ができる場合もあります。ご注文傾向を見ていると、やっぱり皆様いろんなチーズを試してみたいんだな、と思います。製造量が特に少ない製品が入ると、どうしても長くなってしまいます。

 

③製造量少ないならテレビなんて出るなよ!!!
ごもっともです。、、、が、私個人としては自分が知らなかったお店の情報はお店の規模に関係なく、テレビで知ったら嬉しく思います。特に、高秀牧場は地域に支えられている牧場なので、「いすみ市」を知ってもらう番組や、商品としてのチーズだけでなく、「牧場」の取り組みも含めて取材いただける番組には声をかけていただいたら積極的に出ています。
チーズやジェラートはあくまで牧場全体の魅力の1つだと考えております。酪農の魅力、牛の魅力を伝えていくことが、高秀牧場ミルク工房店長であり、高秀牧場の長女である私の1番の生きがいです。商品だけでなく、商品の裏側、生産者の気持ちに目を向けていただけると嬉しいです。昨今はコロナの関係で撮影も地方に行くことができないようで、千葉県はとっても取材が多いようです。
観光地扱いの番組はかなりお断りしています。

 

すごーーーーく考えた結果、お時間さえいただけるなら、すべての方にチーズをお届けできる、という結論に至りました。
店でも買えない、オンラインでも買えない、、、じゃあどうすれば?となってしまうよりは、ご予約をいただき、お待ちいただく、というのが確実にチーズが手に入る方法だと思います。

時間をいただく、というのは、人の都合を考えない高飛車なやり方だと理解しています。
プレゼントだと間に合わないことも多いので、、、。

それでも、高秀牧場の商品をご購入いただけるという方に、チーズをお届けしたい。自信満々ってわけではありません。食べ物って、全員が全員美味しいというものを作るのは不可能ですから。(それでも私は高秀牧場のチーズ超うまい!と思ってます。自分が美味しいと思うものをお勧めするの、超楽しい!!!!)

今は、、、このやり方しかないと思っています。もちろん、いつも何か月もかかるわけじゃないんです。平常時には注文確認してその日に発送、なんてこともあります。種類によって製造個数もことなるので、発送予約の間をぬって、店頭にチーズも並んでいます。

お近くの方は、店頭取り置きご予約もできますのでぜひご利用ください。お電話でもメールでも可能です。

何か月先のご予約でも大丈夫です。

ご予約からお手元にお届けするまで「お時間」だけ、ください。

待ち時間を最小限にし、かつフレッシュなものはフレッシュなうちにお届けすべく発送予約も頭を悩ませながら1個1個考えて発送日確定を進めております。(ご注文内容、チーズが出てくる日、数量考えながら、、、目が回りそう)

お待たせしてばっかりで本当にごめんなさい!!!!

引き続きがんばります!!!

連日おお騒がせしております。

チーズ、ありません!!!

軽食、出せません!!

毎日違うチーズが出てはなくなり、出てはなくなり、、、ついにチーズが出ない日がきました。

フード用に確保したチーズは1日でなくなりました。

努力でどーーにもならない、チーズの不足です。製造量はずーーーーっとMAXなのでゴールデンウィークもテレビ放映も関係ありません。お客様が圧倒的に多すぎます。

本来喜ぶべきところですし、実際本当にありがたいし嬉しいのです。心から。本当に。

高秀牧場は酪農(牛乳生産)をがんばってやっていて、小規模自家加工をやっています。

小規模!!です。

チーズは毎日いろいろな種類を100ℓ仕込んでいますが、チーズになった時には10分の1の10㎏です。

チーズ1個100gだとして、100個。

1種類のチーズが100個。

週に1回、100個のチーズが毎日できあがるくらいの規模感です。

ゴールデンウィーク中、連日500人を超えるお客様がいらっしゃいます。今日はジェラートが900個以上でました。

ミルク工房は牧場敷地内の1店舗にすぎず、本来座席数15席のちっちゃいお店なんです。

逆によく900個ジェラート出て売り切れなかったと自分でびっくりしてます。

チーズは仕込みに時間がかかり到底1日では出せないのですが、ジェラートは作れます。

原料はしこたまあるので、夜を徹して毎日ジェラート作ってます。

ジェラート、牛乳は、絶対売り切れにさせません。

がんばって作ります。チーズは、、、熟成庫で大切に育てているチーズをひとつずつ、フレッシュでできたてのチーズもひとつずつ、皆様におとどけできるようこちらもがんばって作ってますので、ご予約いただいた方はどうか、どうか何卒お時間くださいますようお願いいたします。

 

私はこのゴールデンウィーク中に現内閣の支持率の低さを痛感いたしました、、、(笑)

皆様、4月24日放送の出没!アド街ック天国はご覧になりましたでしょうか。

我が町、いすみ市だったんですよ♪

なんと高秀牧場もいすみ市の魅力の1つとしてご紹介いただきました。

チーズ職人の大倉さんの素晴らしいインタビュー回答にテレビの前から拍手を送っておりました。

チーズにとってミルクは不可欠ですが、美味しいチーズを作りたい、というチーズ職人に選んでもらえる牛乳というのは誇りが持てます。そして、高秀牧場の牛ちゃんたちも元気いっぱい、食欲いっぱいに映っておりました。

ランキングで紹介する形式の番組ですが、高秀牧場は11位にランクイン。

大好きなふるさといすみ市で知り合いばっかり出てて面白かったです。知ってる場所も、知らない場所もありましたが、地元の魅力が伝わって嬉しいですし、その魅力の1つとなれたことがとっても嬉しいです!!

放送直後(文字通り直後、高秀牧場が映って30秒後)から、オンラインショップからの受注お知らせメールが鳴りやまない。

はい、10分で300件の注文確定!(既にパニック)この後注文の確認を夜中まで、、、

で、翌日。

ミルク工房5年間の歴史でありえないことが続々と、、、。

開店前から行列
10時~17時までの7時間、1瞬たりとも列が途絶えない。
珍しく(オイ!)いっぱいだったショーケース、午前中にはほぼ空。
4月入社のアルバイト2名、私の心配をよそに素晴らしい仕事っぷり。
(細かい間違いは少々ありました。。。が、あの状況、めっちゃ仕事できる人でも完璧にはこなせないかと、、。当日いらした方でもし間違いが発覚した場合はご連絡ください。誠心誠意対応させていただきます)

今まで「今日はかなり忙しかったね~」という日でもジェラートが出る数は300個程度だったのですが(それでもあの辺鄙な場所でちっちゃな店に1日300人も人が来るなんて、自分で店やってますが信じられない、、、)
日曜は470個のジェラートがでました。ずーっとジェラート盛ってましたが、本日無事に手首が死亡しました。

あんまり内部事情をペラペラ喋るのもアレですが、レジ対応の1人、このどちゃくそ忙しい日がミルク工房への出勤3回目のド新人ですよ!!

高秀牧場ミルク工房スタッフ優秀すぎて、店長立つ瀬がないよ!!(みんなほんと助かってるありがとう大好き)

1時間のテレビ放送の中の、高秀牧場が映っていた時間は1分くらいです。1分間で、高秀牧場の魅力が多くの人に伝わり、ご注文に繋がるのは、テレビの力とは本当に強いなあとしみじみ思います。

ただし、テレビで切り取られるのはごくごく一部です。牧場は確かに面積もあり、牛の頭数も150頭いますが、ふつーに牛飼ってる牧場でちっちゃなチーズ工房とカフェやってるだけなんですよ。

世界で認められたチーズ、になれた理由は、牛が美味しいミルクを出してくれるから。酪農家が牛が健康でいられるようにお世話してるから。職人がミルクを生かしてチーズを作ってくれたから。

これだけなんです。

チーズづくり、鍋でやってるんですよ!製造量も今がMAXです!!ずっとMAXです。

400件のご注文、、、

ごめんなさい。数か月かかります。まだ発送リストの作成途中ではっきり何か月か正直まだわかりません~~~!!!!(経験上3か月くらいだと思います)

店舗にてお客様をお迎えしたり、発送の梱包を行ったりするのはスタッフみんなで行っておりますが、発送日確定の作業は店長1人でやっております。(そんなん知らねーよといわれればそれまでなんですが、、、)

みんなAma〇onに慣れすぎだよおおおお。

1日で送るなんて無理だよおおおお。

チーズ、熟成するのに1か月半かかるのにいいいい。

ちょっとここまで書いて自分で自分がうざくなってきたので発送リスト作業に戻ります。頭使うので息抜きで牛見てます。
まあ、息抜きじゃないときも牛みてるんですけどね、、。取材、断ることもたくさんあります。だって大変だもの。

地元の魅力を伝える番組で取材を受ける喜びに負けましたよ、私は、、、。

必ずお届けしますので、どうか、どうかお時間くださいますようお願いいたします。

発送日もご連絡いたしますが、皆様それぞれ発送日が異なるので一斉送信とかもできませんゆえ、400件のご注文、それぞれのお客様にご連絡するのは、こちらもお時間がかかることです。

言い訳ばかりで申し訳ございませんが、パソコンの向こうにいるのは人間で、ポチっと数秒でご購入いただいたチーズは製造に1か月半の時間がかかり、そのチーズは「牛」という生き物が出す牛乳からできており、1頭の牛が牛乳を出せるようになるまで2年かかります。便利な世の中になり、お家にいながら世界各地の美味しいもののが手に入るのはありがたいですよね。

皆様へお届けするチーズは、今熟成庫で職人が丁寧にお世話をしているチーズかもしれない。

皆様へお届けするチーズの原料は、明日出産を迎える牛が出してくれるミルクかもしれない。

ちょっと想像力を働かせて、その気軽に手に入る食べ物がどんな風に誰によってどんな想いでつくられたのか、想いを馳せながら、待ち時間も楽しみにしていただければ幸いでございます。

 

みなさまこんにちは。
2度目の緊急事態宣言が千葉県にも発令されました。
ここいすみ市も、のどかな田舎ではありますが、ちらほらとコロナ感染者が出てきています。
多い感染者とは言えないけれど、気を抜いていい数字ではないと思います。県外や千葉県内の都市部からのお客様にもたくさん来ていただいておりますので、店舗としては感染拡大防止へより一層気が日が引き締まります。

緊急事態宣言の営業時間短縮やその他の措置に、ミルク工房は直接関連する店舗ではありません。

ですが、高秀牧場ミルク工房の経営形態を考えますと感染拡大の要因となる要素は十分考えられるため以下の措置を取らせていただくこととします。

 

・酪農体験の開催は取りやめ

・軽食、ドリンクメニュー、ケーキはテイクアウトのみ

・ジェラートは蓋つきカップのみ

店内テーブルは数を減らしました。

チーズの販売は通常通り行なっています。

超〜〜〜悩みました。昼しか営業しない私たちは何も変えることなく営業出来るんですよ本当は、、、。変わらず営業を続けることも、お喋りを控えてもらうことも色々考えました。

普段は家族連れやお友達同士のお客様が多く、楽しんでお食事をするお客様を見るのが好きなんです。

会話なく食事するお客様を見るよりも、ご自宅で笑顔で会話を楽しみながら食卓を囲んでいる姿を想像する方が、私たちも嬉しいのです。

 

たくさんのご不満を与えてしまうかもしれません。ごめんなさい。

コロナウィルスに関しては様々な意見があるけれども

私は、お客様にも、お店のスタッフにも感染して欲しくありません。

いすみ市にコロナ感染者を増やしたくありません。

感染源になるのも嫌です。

だから、飲食店として出来ることをやります。

 

一刻も早く、お客様の笑顔を店舗で見られることを祈っています。

 

8月19日(水)は貸切営業のため、高秀牧場ミルク工房は臨時休業とさせていただきます。

チーズ製造のサポートをしていただけるスタッフを募集しています!
副収入として、お小遣い稼ぎにいかがでしょうか。

●勤務日
月、火、木、(土)
※土曜が厳しい場合、月、火、木のみでも可

●勤務時間
7時30分〜9時30分まで(月、火、木)
7時〜15時まで(土)

●勤務地
高秀牧場チーズ工房
千葉県いすみ市須ヶ谷1339-1

●業務内容
チーズの仕込み
生乳運搬、殺菌作業、スターター添加、熟成管理など

●給与
時給制 1,200円

●福利厚生
労災保険
雇用保険(週20時間以上勤務の場合)

●応募条件
・マニュアル車の運転が出来る方

・力仕事が大丈夫な方(30kg程度のものを持ち上げる作業があります)

・身長160cm以上の方(作業の特性上、必須条件となります)

・6ヵ月以上勤務が可能な方

朝一番、搾りたての生乳を使用してチーズを作るために、早い時間の作業になります。
菌を扱う作業が伴い、衛生面への注意が必要ですが、美味しいチーズを作るための必須の作業です!

●お申込み/お問い合わせ
info@takahide-dairyfarm.com
0470-62-6669
馬上(まがみ)まで

ご応募お待ちしております。

【チーズ製造スタッフ募集】

牧場の敷地内にある小さなチーズ工房でチーズの製造をするスタッフを募集しています。

〜仕事内容〜
ナチュラルチーズの製造

〜応募資格〜
・チーズが好きな方
・力仕事が大丈夫な方
・普通運転免許を持っている方
・長期で働ける方優遇
・将来独立したいという方大歓迎

〜雇用形態〜
正社員 (パート勤務を希望する場合、応相談)

〜給与〜
180000円〜(経験者優遇、応相談)
交通費 10000円
その他条件により手当あり
昇給  年1回

〜勤務時間〜
原則 8時〜16時(残業あり)

〜休日〜
週休2日
有給休暇制度  有

〜福利厚生〜
社会保険完備
社員割引有

〜応募の流れ〜
メールまたはお電話にてまずはお問い合わせください。

履歴書を送付していただき書類選考

面接にて最終決定

〜お問い合わせ先〜
info@takahide-dairyfarm.com
0470-62-6669
担当 馬上

高秀牧場は乳牛150頭を飼育し、循環型酪農に取り組む牧場です。牧場の敷地内にあるチーズ工房で搾りたての牛乳から手造りでチーズを作っています。チーズ作りは、牛からの命の恵みであるミルクをわけてもらい、目に見えない微生物や酵素働きを感じながら行う作業です。
小さな工房ではありますが、過去にはコンクール受賞歴があり、牧場やチーズのファンがたくさんいます。
牧場内にはチーズ工房の他、高秀牧場ミルク工房があり、ジェラートの製造、販売、軽食の提供を行っています。チーズ工房で作られたチーズは、出来上がったらすぐにミルク工房で販売をしています。
アットホームな牧場で、「チーズ職人」を目指してみませんか?

#高秀牧場 #チーズ職人 #チーズ #チーズ製造 #求人募集 #いすみ市

テレビ出演のご案内です

5月3日(日) 読売テレビ 午前7時〜

日本テレビ 午前6時30分〜

「遠くへ行きたい」

に高秀牧場が出演する予定です。

 

テレビをご覧になったお客様へ

ゴールデンウィーク期間中、お店は営業しております。

休業か、営業か、悩んで悩みぬいた上、感染防止対策を取りながら営業を続けることにしました。

しかし、店舗の感染防止対策はお客様のご協力あってのものです。

テレビを見て、牧場に足を運んでみたいと思っていただけたなら、それは大変ありがたいことなのですが、もし、来てくださるのなら「コロナが終息後」に遊びにいらしてください。

対策しっかりしてるといえども、小さな店舗です。

お客様がたくさんいらっしゃったら、簡単に三密状態になります。

チーズは、ネットショップからご注文いただけます。

牧場への外出が、「不要不急」なものか、どうかご自身でご判断をお願いいたします。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

店長の独り言ですが、、

テレビ見て来てくれるお客様がいるって、ほんとはすっごく嬉しいしありがたいんです。

テレビでやるよー、遊びにきてねー!って言える日が早く来るのを心待ちにしてます。

テレビでやるけどあんまりたくさん来ないでね、なんてブログに書くの、苦しいなあ。。

全部。コロナのせいだ。

1人1人行動を気をつけて、早くやっつけちまいましょう!

 

ゴールデンウィークは、高秀牧場ミルク工房はお休みせずに営業いたします。

軽食メニューは「テイクアウト」のみとさせていただきます。

屋外スペースでの飲食は、自己責任でお願いいたします。

ジェラート、チーズはお取り置きも可能です。内容とお時間をご連絡いただければ

スムーズにお引き渡しができるようにさせていただきます。

 

なお、酪農体験は開催をいたしません。このご時世なのでどうぞご了承ください。

 

お家で過ごす時間が少しでも美味しく楽しい食卓になるように、チーズや軽食テイクアウトをします。ジェラートも、持って帰れますよ。

 

いつも気をつけて生活をしている方が、お散歩場所に牧場周りを歩くことを選んでくれるなら、お外でジェラート食べながら息抜きができるようにジェラート販売をします。

 

ゴールデンウィーク、普段は関東各地のお客様に来ていただく牧場ですが、営業を続けるのは、地元の方が少しでも肩の力が抜けるように、そして、皆様の食卓が少しでも楽しいものになるように、の願いです。

 

チーズやジェラートは発送も承っております。遠方の方はネットショップをご利用ください。

 

コロナが終息したら、ぜひ外房へ遊びに来てくださいね。

 

こんばんは。なかなかに、きてくださいね〜なんて言えないご時世になってしまいました。

今日は緊急事態宣言が出され、千葉県も対象県になっています。

高秀牧場ミルク工房は、一部縮小しながらの営業を続けていく意向です。

感染の防止のために、色々とお客様にご協力をいただかないといけない部分も多く出て来ました。

下記に、ミルク工房としての対策を記載しますので、ご来店の場合はご協力をお願いいたします。

 

【コロナウィルス感染防止対策】

軽食メニューは、「テイクアウトのみ」の販売とさせていただきます。

チーズ、ジェラートの販売は(今の所)通常通り行います。

お客様へのご協力依頼は下記の通りです。

①「必ず」手洗いをお願いします。
外のチーズ工房前に2個、店内トイレ前に1個、手洗いできる水道があります。「できれば」ではなく「必ず」でお願いします。アルコールも設置してあります。

②お客様同士の間隔を1m以上離れて並んでいただきます。
床に1mごとに印をつけます。どんなに混雑していても、外まで並んでも1mずつ離れていただきます。

③店内席のご利用を制限させていただきます。
店内のテーブルの数を大幅に減らし、かわりに屋外に座れるスペースを増やします。

④1時間に1回、消毒の時間を設けさせていただきます。ドアノブ、トイレ、イス、テーブルなど人が触りそうなところを消毒します。この時間、注文を受けるのがストップしたり、着席いただいている方に一旦避けていただく場合もございます。混雑している時でもやります。混雑してる時ほどやらないと意味ないですから。

⑤窓は営業中、網戸にして開けさせていただきます。

お客様にご不便をおかけすることもかなり多く出てくると思いますが、命を守るために背に腹は変えられません。
この対応にご不満がある方は、どうぞご来店なぞせずに不要不急の外出は控えてください。本当は、その方がいいんだろうと思います。

飲食店側も、お客様に来て欲しい、来てくれないと立ち行かなくなると思う反面、スタッフやお客様、そのご家族や大切な人に感染してしまったらと思うと、恐怖でいっぱいです。休業できるならしたいとさえも思います。ミルク工房では、スタッフは出勤が怖ければしなくていいと伝えています。スタッフが足りずに通常営業ができなくなる可能性もあります。店長の私は縮小営業にしてでも、1人で回る範囲で店を営業し続ける覚悟です。その為には、感染者を出さない。ということが最も大事なことだと思っています。
ミルク工房はお客様をお迎えする準備はしっかりとしておきます。お客様ご自身でも、ご来店される際はぜひしっかりと対策をしてお越しくださいませ。

 

営業をしていれば、危機意識が足りていないと見受けられるお客様も多く見かけます。

かなり、複雑な気持ちになります。もしもこの人が感染してたら、、、。スタッフに感染してしまったら、と思うと恐怖でしかない。それでも、誰も来なければスタッフにお給料も払えない。店が続けられなくなる、、、。いやあ、、、毎日恐怖と矛盾を抱えています。

だからこそ、来ていただくお客様には1人1人に危機意識を持って欲しいのです。

意識することで、大きく変わると思います。

私には、お客様がお散歩で牧場に来ることも、息抜きにジェラートを食べに来ることも止められません。でも、進んで来てくださいとも、言えません。

私に言えるのは、気をつけて。だけ。

早く、牧場に遊びに来てね!と言える日が戻って来ますように。

耐えます。頑張ります。みんなも、頑張ろう!!!

牧場について
TEL:0470-86-2131
チーズ工房
TEL:0470-62-6669
ミルク工房
TEL:0470-62-6669
PAGE TOP