BLOG

発送にお時間をいただいております

10月12日の旅サラダの放映直後から500件近くのご注文をいただいております。

正直申し上げて、対応が全く追いついておりません。大混乱状態を、一つずつ紐解いている状況です。

高秀牧場のチーズ工房は、職人2人で手作りでチーズを丁寧に作っています。

ミルク工房も、店長の私と、正社員1名、パートスタッフで回しているお店です。

大きな会社で事務員がいるような店舗ではございません。

テレビの放映直後から、ご来店のお客様も増える中、スタッフ総出でご対応しております。

空いた時間にはネットご注文を受けたお客様へのメール対応です。

電話もじゃんじゃかかかってきます。

発送準備もして、順番に発送し、「発送しました」メールも送っております。

とはいえ、チーズは1週間に数十個しか出てきません。

店頭は常に在庫切れ、ご注文いただいた順番に発送しております。

発送が遅い、とお怒りのご連絡もたくさんいただいております。

ですが、どんなに怒られても今のスピードでしか送れないのです。

コツコツ順番に送るしかないのです。

お客様にはお待ちいただくことしか今はできません。

テレビ見て美味しそうと思っていただけたからご注文いただいたのだと思います。

同じようにご注文してくださった方は、1人ではありません。何百人といらっしゃいました。

 

ご注文のキャンセルは随時受け付けております。

「お待ちいただく」ことにご理解いただけない場合は、どうぞご注文をキャンセルしてください。

 

今回の番組は、アポなし突撃取材でした。地元の皆様がおすすめしてくれて、いつもお世話になっている地域が盛り上がるならと取材を受けました。取材から放映まで2週間。それも放映日は1週間前にならないとわかりませんでした。1ヶ月以上の熟成期間を経ることも多いナチュラルチーズ、テレビに出るなら準備しとけよ!とどんなに怒られても、できないんです。

 

このように大量注文が来そうなテレビはいつもは断ってるんです。

 

言い訳がましく聞こえるかもしれませんが、これがうちの現状です。

お待ちいただけましたら必ず美味しい作りたてのチーズをお届けすることを約束いたします。

温かいお言葉をいただいている方も多く、とても励みになっています。ありがとう御座います。

頑張って発送どんどんしていきますので、どうか、どうかお時間頂けますようよろしくおねがいたします。

 

お礼とお詫び

たくさん、たくさん応援ご注文をいただいてます。

本当にありがとうございます。

発電機のお陰で守りきれたチーズたちですが、物流が止まり、お店の営業もできなかったために行き場を失って困っていたので、本当に、本当にありがたいです。迫る賞味期限に怯える日々でした。

こちらから発送するクール便の荷受けが再開され、やっと送れる!と、せっせと発送準備、順次発送をしておりますが、、、。

私の能力不足で、少々混乱してしまったのも事実。。

早く送らなきゃ、早くみんなの元へ届けなきゃ、と気持ちだけが先走り、然るべきご連絡もせずに発送をしてしまったりして本当に反省。

ご迷惑をおかけしてしまったお客様がたくさんおります。

本当にすみません。

店長、しっかりしなきゃ。

 

台風後。

先日、関東を襲った台風15号。今でも停電断水している地域もあり、多くの方々が大変な思いをしていらっしゃいます。

高秀牧場は、木曜の夕方に電気が復旧し、現在は日常を取り戻しつつあります。

停電は約4日間続きましたが、東日本大震災後に対策として導入していた大型発電機のお陰で、

牛舎内の大型扇風機、搾乳設備、生乳冷却設備、チーズ工房の熟成庫、冷蔵庫、ミルク工房の冷凍冷蔵庫、全て無事に動かせていました。

断水もしておりましたが、井戸水に切り替え、牛の飲み水や生活用水の確保もできていました。

人の飲料水は、市が給水車を回してくれたり、支援物資として届いたりしていました。

小型発電機で、住宅の電気も使えておりました。

 

備えあれば憂いなし。とは本当によく言ったもの。千葉は、長年大災害を免れてきました。

日本全国の災害を他人事と思わず、対策をしていた父の先見の明のお陰で、高秀牧場は救われました。

牛舎もチーズ工房もミルク工房もまかなえる発電機は、1千万円を超える大きな買い物で、当時は

母の大反対を受けたそうですが、頑として譲らなかった父。その判断は正しかったです。

一方、お向かいの牧場は、明かりがつかず、搾乳している様子もなかったので、予備の発電機を持って行ったら、牛たちは搾乳してもらえない痛みと、水が飲めない苦しみで泣き叫んでいました。

すぐに持って行った発電機で搾乳を開始、終わると水のポンプに発電機を繋ぎかえて、水の供給もできました。

自分の牧場も、お向かいの牧場も、そうしてなんとか繋いでいた矢先、停電から3日目に、ついに井戸水のタンクが空になり、完全断水。この日の気温は32度。牛たちは空の水槽を舐め続けていました。

この時期、1日に1頭が飲む水の量は150ℓ。このままでは牛が死んでしまう。牛の飲み水確保が始まりました。

タンクを買いに走り、そのタンクを市役所に持っていき水を入れさせてもらいました。

その間に、他の農家さんよりタンクを借り、市役所の給水車やマンホールから直接、タンクに給水してもらいました。

県議の小路様も駆けつけてくれ、いすみ市内の酒蔵、木戸泉様より約500ℓの水を運んで来てくれました。

牧場に集まった約4tの水を、30ℓバケツで150頭の牛、一頭一頭全てに水を運び、飲ませました。

8時間続くバケツ運びで、生命維持に必要なお水をわずかでも飲ませることができました。

その間、ずっと市役所職員の方々が発電機をポンプにつなぐべく尽力してくださいました。

そのお陰で、その日の夕方にはまた水が出るようになりました。

翌日の夕方には、電気が復旧しました。

 

乳牛は、毎日決まった時間に乳を搾らなければいけません。

暑さに弱い牛たちに大型扇風機による送風が必須です。

当然、餌も水も必要です。

千葉県内では、台風が来てから9日間、未だに1回も搾乳できておらず、送風もできていないところもあります。

牧場に発電機があっても、牛乳工場の停電で牛乳を廃棄しなければいけなかった。

学校給食に牛乳をお届けすることは、未だ多くの地域でできていないです。

停電が復旧したところから、一生懸命生乳を処理し、他地域への送乳により極力ミルクを無駄にしないように努力してくれています。

高秀牧場は日常を取り戻しましたが、千葉の酪農は日常とは程遠い。

支援物資と、発電機と、経由と、タンクいっぱいの水を持って、千葉県南部の酪農家の元へ行っています。

死んでしまう牛も出始めました。一刻も早い復旧を願っています。

Japan Cheese Award 2018 結果発表

10月21日に、今年で3回目となるJapan Cheese Awardが行われました。

全国から81工房237品目のチーズが集まり、厳正な審査がなされました。

出品工房数、出品品目数ともに、最大だったそうです。

高秀牧場からは、5品を出品。

結果は、、、

フロマージュブラン 銅賞

まきばの太陽  銅賞

草原の青空  銀賞

5品目中3品目が入賞!

大健闘です。

職人の大倉さんはもちろんのこと、チーズのもととなるミルクを出してくれる牛たち、毎日愛情たっぷりに牛のお世話をしてくれる牧場スタッフ、牛の餌を作るのに協力してくれる農家さんたち、みーんなで獲った賞です。

店長は結果に大満足ですよ!

2年に1度のこのコンクール、第1回目から出品していますが、工房の数もどんどん増えていますし、チーズのレベルも確実に上がってきています。どこの工房も特徴があって、ストーリーがあって、素敵で美味しいチーズを作っているなぁと思いました。

 

先代の吉見さんからチーズ作りを1年がかりで引き継ぎ、今年から1人でチーズ製造を回してくれる大倉さん。実は、第1回、第2回のJapan Cheese Awardでは連続「金賞」を受賞している高秀牧場です。大倉さんはかなりのプレッシャーを感じていたと思います。

高秀牧場としては、コンクールで賞を取ることはさほど大事なことではなく、ただ、日々真面目に酪農をして、良質なミルクを搾って加工し、お客様に喜んでもらえるだけでいいんですけどね、、、。

たまにはこのような場で職人同士コミュニケーションを取りつつ腕だめしをしたいのか、大倉さんは積極的にコンクールの参加をしてくれます。

吉見さんから大倉さんに職人が変わったことで、色々と言われることもあるかと思います。

ですが、高秀牧場の人間は大倉さんが高秀牧場でチーズを作ってくれていることにとっても感謝しています。だって、安定した大手乳業メーカーを辞めてまでうちに来てくれたんですから。

吉見さんは、現在自分の工房で吉見さんのチーズを作っています。

大倉さんは、高秀牧場で大倉さんのチーズを作ってくれています。

それで、いいんです。

高秀牧場は、ただ、これからも何も変わらず

牛を愛し

牛と向き合い

牛を健康に飼い

いいミルクを牛からいただき

「美味しい」乳製品を作り続けるだけです。

これからも応援よろしくお願いします!

 

とはいえ、、、

大倉さん自身はかなり悔しがっています。

全然結果に満足せず、すでに2年後のコンクールを見据えて動き出しています。

高秀牧場のチーズは、職人とともにステップアップしていくかな、、?

お客様とともに、私も見守る立場でありたいと思います。

 

チーズご購入に関して

本日夕方、全国ネットにてテレビ放映がされます。

元々製造量の少ないチーズですが、テレビ放映によりご注文殺到した場合、数ヶ月待ち、となる場合もございます。

ホームページ、お電話などからご注文のお客様

ご注文ご予約という形で受け付けております。「在庫あり」になってはおりますが、すぐに発送できるというわけではありません。ご注文をいただいた順に、順次発送をいたします。発送日時に関しましては、後ほどこちらからご連絡をいたします。なお、数ヶ月待ち、になる可能性を考慮して、クレジットカード決済を止めております。ご注文主様とお届け先が異なる場合は、お電話にてご注文いただくか、備考欄に「支払い振込希望」と明記してください。

 

ご来店のお客様

チーズは取り置き予約ができます。ほとんどのチーズは土日に合わせて出来上がって来ます。ご来店期日がわかり次第、ご連絡いただけると確実かと思います。

 

テレビに出るから、出たからといって製造量を変えることはできません。できる範囲でできるだけ多くの方にお楽しみいただけるよう、努力いたします。手元に届くまでお時間かかってしまうかもしれません。ですが、確実に作りたてのおいしい状態でお届けすることを約束いたします。

 

どうぞ、ご理解を宜しくお願い申し上げます。

 

 

【テレビ出演のお知らせ】所さんお届けモノです!

こんにちは!猛暑どころか酷暑、と呼ばれる日が続いております。。。

みなさま体調は大丈夫ですか?

さて、今日はテレビ出演のお知らせです。久しぶりの全国ネットへの出演になります。

7月15日(日)17時〜18時 TBS 所さんお届けモノです!

元フィギュアスケーターの村上佳菜子さんが、いすみ市を訪問、高秀牧場へも遊びに来てくださいました〜。

牛に触れてもらったり、チーズやジェラートを食べてもらったりしましたよ!

なんと、撮影時にトリプルのジェラートを召し上がっていた村上さんですが、撮影終了後も自腹でトリプルのジェラートをご購入、全て召し上がられておりました、、、!

うちで過去最高に1度にジェラートを食べたお客様は、トリプル2つ、女性の方なのですが、村上さん、あっさり並びました(笑)

実は撮影は6月上旬だったのですが、店長高橋、出張でおらず、、、

代わりに店舗スタッフのY子ちゃんと、My Brother大地で対応してもらいました。

大地は全国ネットどころか取材対応が初、、、姉としては、大地の写りっぷりにも期待しております 笑

みなさん、ぜひ見てくださいね〜!

 

テレビには時々出たりしていますが、高秀牧場が普通の牧場であることには変わりありません。

相変わらず牛舎には立ち入りできませんし、牛が大事です。

チーズを作る量は変えられないし、販売数には限りがあります。

テレビ放映後はご注文が殺到し、ご来店のお客様もたくさん増えますが、こちらはいつもと変わらずご対応させていただきます。

チーズはもしかしたらしばらく手に入りにくくなるかもしれません。ご予約できますので、お気軽にご連絡くださいね!

次回チーズ作り体験のお知らせ

こんにちは!怒涛のゴールデンウィークが終わり、あっという間に5月が終わってしまいますね!

梅雨が怖い、、、

さて、今日は大好評をいただいておりますモッツァレラチーズ作り体験のお知らせです。

日時: 2018年6月23日(土曜) 10時〜
場所: 高秀牧場ミルク工房
所要時間: 約2時間
料金: 2000円
最小催行人数: 2名
最大催行人数: 10名 申し込み多数の場合、先着順
対象: 小学生以上
持ち物: エプロン
体験内容: モッツァレラチーズを作ろう!
牛乳が固まっていく様子、チーズになる前の状態のミルク、チーズを作るときに出るホエーとは?自分でモッツァレラチーズを作って、できたてチーズを食べてみよう!

注意事項: 熱湯を使用します。手袋、軍手等こちらでご用意致しますが、よく注意してください。対象を小学生以上としているのはこのためです。

作ったチーズはお持ち帰りできません。店内でお召し上がりください。店内メニュー(ピザやカプレーゼなど)に作ったチーズを使用することもできます。その場合、メニューが200円引きになります。

完全予約制です。電話、メール、ファックスからチーズ作り体験とご明記の上お申し込みください。また、午後から酪農体験をご希望の方がいらっしゃいましたら、人数が集まれば開催可能ですのでお問い合わせください。

絶対楽しい美味しい体験です!たくさんのお問い合わせ、お待ちしております!

 

始めてから4回くらいになりますが、毎回好評です。

これは個人の意見ですが、、、こんなに試食が多いチーズ作り体験、なかなかないんじゃないかな、、?

チーズ作りを始める前には朝搾って低温殺菌した牛乳の試飲

乳酸菌を入れてから乳酸発酵が進んできた牛乳の試飲

固まった牛乳の試食

ホエーの&ホエードリンクの試飲

練り終わった直後の出来立てホヤホヤチーズをパクッとやってもOK

出来上がったチーズにオリーブオイルや塩胡椒、はちみつなどをかけて食べられる!

 

パンとか持ち込んでいただいてもいいですよ。これ焼いて、と言われればそれくらいは追加料金なしでやりますから!!できたら持ち込むパンは高秀牧場の近くにオープンしたGranさんでお願いしますね♪文句なしの美味しさです。

 

今回も、たくさんのお申し込みをお待ちしております!

 

 

高秀牧場スタッフ歓送迎会!

父が酪農牧場を経営し30年ほどが経ちました。うちの牧場は、両親とスタッフさんたちで牛のお世話や畑の作業などをしています。30年でうちに来たスタッフさんはもう何人になるでしょうか。

従業員として働いてくれた人もいれば、実習、研修で来てくれた人たち。

たくさんの人が牧場に来てくれて、そしてたくさんの人が巣立ち、全国各地で活躍しています。

春は出会いと別れの季節。

高秀牧場には、この春から3名の新しいスタッフを迎えました。

りかこちゃんと常盤くん、そしてマイブラザーの大地です。

りかこちゃんは、とっても可愛らしいのにキャラがとても面白い!猫に向かって「お主!」と呼びかけていたり、、どこからか「よいしょーーー!」って声が聞こえたら大体りかこちゃんです 笑  帯広畜産大学(国立ですよ!)を卒業して、部活も「牛部」に入っていたそう。若いのになんだかおばあちゃんぽくて 笑  私、今シェアハウスで一緒に住んでます。(写真黄色パーカー)

常盤くんは、実家の牧場の後継者。今まで牛の仕事に携わってこなかったので、うちで研修してから実家に戻って牧場を継ぐそうです。加工に興味があってうちに来てくれることになりました。今は牧場で作業を覚えながら週1回チーズ工房でチーズ作りも研修中です。前職は和菓子職人さん!最近はそば打ち教室に通っているそうです(写真後列右から3番目)

大地は先日のブログでご紹介した通り、カナダから帰国ほやほやです。小学校から高校まで野球やってました。ピッチャーだったんですよ〜!家族の中で唯一、もんちゃん(犬)から嫌われています。。。(写真後列左から2番目)

4月から2ヶ月間実習に来ている小夏ちゃんも含めた歓迎会です!

そして、高秀牧場から巣立っていくメンバーも。。。

高秀牧場のチーズ工房立ち上げ前から牧場スタッフとして仕事をし、チーズ工房ができた後は高秀牧場のチーズを1人で作ってくれていました。数々の賞を受賞し、たくさんのファンがいる高秀牧場のチーズを作り上げて来てくれたチーズ職人の吉見さん(写真前列中央、お隣は奥様のゆきよさん)が、独立して自分の工房を立ち上げるために退職することになりました。

7年半、高秀牧場で勤めあげてくださいました。

吉見さんがいたから高秀牧場はチーズを始められたし、吉見さんが美味しいチーズを作ってくれていたからうちは難しいと言われる6時産業化に成功したと言えると思います。

美味しいチーズを作ってくれていたから、私は事業拡大してミルク工房を安心して始めることができました。

仕事振りもものすごく丁寧で、搾乳の仕事に入っていた時は本当に「清潔に牛乳を搾る」ことが徹底されていて、なおかつスピーディー!搾乳機の洗浄一つとっても、吉見さんが洗浄するとピッカピカなんです。

チーズ工房をのぞいてみると吉見さんの丁寧な仕事が垣間見えると思います。建設して約6年経ったチーズ工房の製造室は、建ったばかりの時と変わらずピカピカです。

ずっとずっと自分の工房を持つことが夢だった吉見さん、工房の横でカフェをやりたかったゆきよさん。どちらの夢ももうすぐ叶うことになります。

いすみ市内に6件目のチーズ工房ができることになります。吉見さんほどの技量を持った人が、高秀牧場の牛乳を使いたい、と言ってくれたことはすごくすごく光栄です。兄弟チーズ工房として精一杯応援したいと思います。

吉見さんが抜けて、高秀牧場のチーズ大丈夫かよ、、、と思ってしまった人、、ご安心ください。

昨年5月に吉見さんの後継の職人さんの大倉さん(後列中央、右上の青いシャツが奥さんの裕子さん。息子、1歳)を迎え、吉見さんの技術はしっかりと引き継がれています。

今の高秀牧場メンバー、とてもいい雰囲気です。

はるなちゃん(後列右から2番目)は昨年、牛のことはほとんど知らずに入社したけど、牧場で1番牛を可愛がっています。

こーたろー君(前列左から3番目メガネ)はいつの間にか牧場スタッフの最年長(とはいえ27歳)ですが、ムードメーカーで面白く、毎日大量に飲んでいます。

枝しん(前列左から2番目)は正式な牧場スタッフではないものの、約20年前から高秀牧場に関わってくれています。本業は稲作農家さんですので、主に餌作りに協力してもらってます。

ここにお店のスタッフ5名が加わったのが今の高秀ファミリーです。若い世代が増えたので賑やかです。

昨日の歓送迎会では、高秀ファミリーのおかんナオミ(後列一番左、大阪人)のお手製お好み焼きパーティーでした。このお好み焼きが美味しいのなんのって。。。大阪行ってお店で食べるお好み焼きより美味しい!私のお袋の味です 笑

酒あり肉あり笑いあり涙ありの歓送迎会になりました。

吉見さん、本当にお疲れ様でした!!

吉見さんのチーズ工房とカフェは7月オープン予定だそうです!皆様お楽しみに!

しばらくはこのメンバーで頑張っていきます。

よろしくお願いいたします♪

IMG_0317

5月4日 酪農体験を開催いたします

ゴールデンウィーク中の酪農体験の開催のお知らせです。

5月4日(金) 10:00〜12:30 に酪農体験を開催いたします。

高秀牧場の酪農体験は、2時間半と少々長いですが、「食育」要素をたっぷりと取り入れた中身の濃い内容となっております。

酪農体験の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

酪農体験は、完全予約制となっております。2日前までのご予約をお願いいたします。

ここでの体験を写真や文章でまとめれば、、、、

夏休みの自由研究はもう完成です 笑

皆様のご参加をお待ちしております。

なお、ゴールデンウィーク中は大変な混雑が予想されます。

チーズや軽食メニューが売り切れてしまうことも出てくると思います。

チーズは取り置きのご予約をおすすめしております。

軽食もご予約可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

酪農体験開催のご案内&新フレーバーのご案内

3連休、少し暖かくなりそうで嬉しい店長です。

今月は、酪農体験の開催があります。

2月17日(土)13:00〜  2時間程度

この日は午前中にチーズ作り体験もあります。チーズ作り体験の方もあと数名程度、

承れますので、酪農体験だけ、チーズ作り体験だけ、両方、とご都合に合わせて

お申し込みいただけますので、ぜひご検討ください❤️

 

ジェラートの新味も出ましたよ〜!

旬の苺!ですが、ただの苺ではございません、、、

「ストロベリーショートケーキ」

27751824_1602566646502402_7042327449542188315_n

苺の甘酸っぱさと、ミルクの甘みが絶妙!ふわふわのスポンジがアクセントになっています。

癖になる人続出です。

そして、去年もやりましたが「小倉」復活です。

実はうちの寡黙なチーズ職人の吉見さんのお気に入りです。笑

トッピングで黒蜜かけても美味しいです。

あと!

高秀牧場のパティシエが作るケーキが実はとっても美味しいんです!

フォンダンショコラが出てますよ〜

ジェラートつけるとさらに美味しいですよ〜

チョコ好きにはたまらない一品です。

体験も、スイーツも、もちろんジェラートも、高秀牧場でたくさん楽しんでいってくださいね❤️

牧場について
TEL:0470-86-2131
チーズ工房
TEL:0470-62-6669
ミルク工房
TEL:0470-62-6669
PAGE TOP