BLOG

高秀牧場と菜の花

こんにちは!今日は急に暖かくなって、ジェラートのお客様がとっても多いです!

ミルクのジェラートを売り切れさせるという大失態で店長猛反省中です。。。

定休日明けの金曜の朝にはまた出来立てのジェラートが並びますよ!

ところで、高秀牧場は、普段畑で牛の餌となる牧草やトウモロコシを育てていますが、冬の間は野菜(人間用です!)の菜の花を育てています。千葉県の名産品であり、高級野菜としてスーパーでも売られています。12月中旬から収穫を続け、出荷をしておりましたが、3月上旬に牧場としての収穫は終了しました。

畑にはまだまだ食べられる菜の花が出ていますので、お店では500円で菜の花積み放題!やっていますので、ぜひしこたま摘んで帰ってくださいね!苦味があるのが特徴のナバナですが、高秀牧場のナバナは自社の良質な牛糞堆肥を入れた特別栽培。色は薄いですが、苦味がほとんどなく甘ささえ感じるようなナバナです!!

高秀牧場がナバナの栽培を始めたのは約20年前になります。

収穫は毎日手摘みでの作業でした。しかも、作業するのは定年をゆうに超えた地元のおばちゃん達。その名も「ナバナGirls」。雨の日も雪の日も風の日も、収穫作業は待ってくれません。とっても重労働なはずなのに、ナバナGirls、毎日楽しそうで!畑中に響き渡る声でおしゃべり&笑い声が楽しそうなのに、仕事早いのなんのって!

ナバナGirlsなしでは高秀牧場の菜の花は続きませんでした。

こうして収穫した菜の花は、今は箱に詰めてバラ出荷しています。昔は全部束ねてました。

手作業で。

nanohana3

スーパーのナバナってこんな風に束ねられていませんか?これをやっていました。

2haの畑で採れた大量のナバナを!牧場やりながら!手作業で!

私、まだ小学生でしたけど、夜までお手伝いしてました。お父さんは当時30歳くらいでしたが、寝る時間ほとんどない日もあったんじゃないかなあ。。。しかも冬野菜なので、寒いんですよ。。。

今はバラ出荷なので、きちんと寝る時間も取れて、夜中(明け方?)まで寒い中座って作業することもなくなりましたが、この辛い期間も今ではいい思い出です。テーブルにその日取れたナバナをバサーーーっと開けて、従業員さんと私たち家族でテーブルを囲んでひたすら終わりに向けて頑張って、、、手動かしながらいろんな話をしました。

牧場の子供は、両親は近くで作業してますが、忙しくて会話が少なくなる日もあります。牛舎に行けば両親がいたので、寂しくなれば牛舎に行ってお手伝いをよくしたものです。

ナバナ栽培にはそんな思い出もたくさんあります♪

さて、話は逸れましたが、もう収穫が終わったので、花がどんどん咲いてきています。

まだ、2分咲きくらいかな、、?

IMG_3102

ここの畑には今度は牧草を蒔かないといけないので、菜の花は満開の時に刈り取ってしまいます。

菜の花満開が長ければ、一面の菜の花畑と満開の桜が一緒に見れるのに、と毎年父にぶーぶー文句言ってますが、菜の花の種が畑に落ちてしまうと、牧草の間から菜の花が出てきちゃってダメなんだそうです。

牛のためなら仕方ない、、とそろそろ諦めています。

この週末までにはもう少し咲いているかな?3月下旬には刈り取ってしまいます、、、。

ぜひ、一面の菜の花畑を見にきてくださいね!

 

ちなみに写真上部に写り込んでいる枝は桜なのですが、、、、ちっとも蕾が膨らんでない!!!今年もやっぱり他よりのんびりしているうちの桜です。

牧場について
TEL:0470-86-2131
チーズ工房
TEL:0470-62-6669
ミルク工房
TEL:0470-62-6669
PAGE TOP