BLOG

Japan Cheese Award 2018 結果発表

10月21日に、今年で3回目となるJapan Cheese Awardが行われました。

全国から81工房237品目のチーズが集まり、厳正な審査がなされました。

出品工房数、出品品目数ともに、最大だったそうです。

高秀牧場からは、5品を出品。

結果は、、、

フロマージュブラン 銅賞

まきばの太陽  銅賞

草原の青空  銀賞

5品目中3品目が入賞!

大健闘です。

職人の大倉さんはもちろんのこと、チーズのもととなるミルクを出してくれる牛たち、毎日愛情たっぷりに牛のお世話をしてくれる牧場スタッフ、牛の餌を作るのに協力してくれる農家さんたち、みーんなで獲った賞です。

店長は結果に大満足ですよ!

2年に1度のこのコンクール、第1回目から出品していますが、工房の数もどんどん増えていますし、チーズのレベルも確実に上がってきています。どこの工房も特徴があって、ストーリーがあって、素敵で美味しいチーズを作っているなぁと思いました。

 

先代の吉見さんからチーズ作りを1年がかりで引き継ぎ、今年から1人でチーズ製造を回してくれる大倉さん。実は、第1回、第2回のJapan Cheese Awardでは連続「金賞」を受賞している高秀牧場です。大倉さんはかなりのプレッシャーを感じていたと思います。

高秀牧場としては、コンクールで賞を取ることはさほど大事なことではなく、ただ、日々真面目に酪農をして、良質なミルクを搾って加工し、お客様に喜んでもらえるだけでいいんですけどね、、、。

たまにはこのような場で職人同士コミュニケーションを取りつつ腕だめしをしたいのか、大倉さんは積極的にコンクールの参加をしてくれます。

吉見さんから大倉さんに職人が変わったことで、色々と言われることもあるかと思います。

ですが、高秀牧場の人間は大倉さんが高秀牧場でチーズを作ってくれていることにとっても感謝しています。だって、安定した大手乳業メーカーを辞めてまでうちに来てくれたんですから。

吉見さんは、現在自分の工房で吉見さんのチーズを作っています。

大倉さんは、高秀牧場で大倉さんのチーズを作ってくれています。

それで、いいんです。

高秀牧場は、ただ、これからも何も変わらず

牛を愛し

牛と向き合い

牛を健康に飼い

いいミルクを牛からいただき

「美味しい」乳製品を作り続けるだけです。

これからも応援よろしくお願いします!

 

とはいえ、、、

大倉さん自身はかなり悔しがっています。

全然結果に満足せず、すでに2年後のコンクールを見据えて動き出しています。

高秀牧場のチーズは、職人とともにステップアップしていくかな、、?

お客様とともに、私も見守る立場でありたいと思います。

 

牧場について
TEL:0470-86-2131
チーズ工房
TEL:0470-62-6669
ミルク工房
TEL:0470-62-6669
PAGE TOP